スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

システムイメージの作成と復元機能 用法、要領を守り・・

システムが不意にクラッシュし、万全と踏んでいたバックアップシステムがなかなか使えませんでした・・
OSはWindows 7 Ultimate Edition x64です。

※システムクラッシュに備えてWindowsのシステム復元イメージをとっている方へ
当たり前のようで意外に本気のトラブルに直面しないため、忘れがちな注意点です。

・復元機能を使用するにはWindowsのインストールディスクか修復ディスクが必要!
インストールディスクを作っていない方は、修復ディスクを必ず作成しておきましょう。
回復コンソールをインストールしておくことは可能ですが、システムが起動不能までに破損した場合、
回復コンソールそのものを読み込めなかった経験があります。。

・復元先には、バックアップしたシステムをインストールしたディスク以上の容量を持つディスクが必要
1TBのHDDにシステムをインストールし、うち20GBしか使っていなかったとしても、
そのシステムイメージは復元時に1TB以上の容量を持つ復元先を要求します。
小→大の復元は可能ですが、その逆は標準のバックアップでは不可能です。ご注意を。

・システムイメージは復活させるWindowsが関与しない「物理的に別のドライブ」に保存しましょう
私は大容量HDDのパーティションを区切り、
システムに関連しないパーティションにイメージを保存していたのですが、
いざ復活させようと試したところ・・
「システムイメージはハードディスクにありますが、コンピューターを復元するためにはディスクをフォーマットする必要があります。復元する別のイメージを選択してください。」
と表示されてシステムの復元が行えませんでした。
エラーの意味が不明です。イメージを保存したパーティションはシステムと全く無関係なのに。
「自由にフォーマットして良いよ?!」と何度も叫びそうになりました。
そのエラーに対して、どうすれば良いのかも全く提示されませんでした。
ちなみに、このサイトでその状況が実際に検証されています。

○パソコンをつくろう!(パソコン自作のすすめ)
・[第114回]●Windows7が起動できない状態からのシステム復元テスト

今回の原因は、大容量HDDのパーティションを二つに分けていたのですが、
そのうち一つにWindowsのDocumentsフォルダを移動させており、
システムイメージをとった際にバックアップに含めていたためでした。
個人データを失わないようシステムドライブと分離させたことがアダになるとは・・
解決策として、システムイメージの保存フォルダをUSB接続の外付けHDDのルートフォルダにコピーして接続、
システムイメージを自分で選択するオプションで検索すると、そのイメージから復帰できます。
(勿論Documentsフォルダも復元され、もう一つのパーティションデータも無事でした)

・システムのイメージ復元に失敗した場合、せめてデータを吸い出すために・・
保存したイメージはそのドライブのルートにWindowsImageBackupというフォルダ名で保存されています。
フォルダを開いていくとBackup yyyy-mm-dd ******というフォルダがあります。
その中に拡張子がvhdのバーチャルマシンハードドライブイメージが入っています。
それを確認した上で、

1.コントロールパネルの管理ツールからコンピュータの管理を開く
2.左側でディスクの管理を選択し、右クリック→VHDの接続をクリック
3.参照ボタンを押し、先程確認したvhdファイルを選択(読み取り専用のチェックをオススメ)
するとドライバのインストールが行われ、バーチャルハードディスクにアタッチできます。
後はマイコンピュータからドライブを開き、必要なデータを吸い出しましょう。
終わったら
4.ディスクの管理画面の右側でアタッチしたドライブを右クリック→VHDの切断
この時、切断後にファイルを削除するという恐ろしいチェックがありますが、押さないように!!

なお、この時アタッチしたドライブが未割り当て領域と表示される場合・・
忘れていなければ、事前にバックアップした秘密キーと証明書を読み込んで下さい。
この時点で既に手持ちになければ、諦めざるを得ない可能性が高いですね・・
まだエクスポートしていない方は次の要領で秘密キーと証明書をバックアップして下さい。

1.ファイル名を指定して実行を開く
2.「mmc certmgr.msc」と入力してOK
3.左側の個人をクリック→右側のユーザー名を選択
4.メニューの操作→全てのタスク→エクスポート
5.「はい、秘密キーをエクスポートします」を選択する
6.「Personal Information Exchange」を選択し、パスワードを設定する
7.エクスポートする場所とファイル名を決め、完了させる
8.外部メディア等にバックアップさせる

新システムを構築したら、上記作業をインポートとして行います(個人ストアにインポート)
これで、古いシステムイメージを確認することができるようになります。
・・・

システムイメージの復元機能、過度な期待は禁物です。
実際にこれを使う際には何らかのトラブル時、最終手段として行われるかと思いますが、
その状態で精神的に追い打ちを受ける可能性があります。
余裕がある方は一度設定を見直し、実際に試してうまく動くか確認した方が良いかも知れません。
ただし、その作業で現システムを失う可能性もあるため、難しいですね・・・
私は今回を機に、NASを使用して日常的なバックアップを行わせるシステムの構築と、
イメージ復元用の市販ソフトを探して購入したいと考えています。

ところで・・今回、システムがせっかく(?)クラッシュしたので、
どうせならとSSDのリフレッシュを試みました。これが・・復旧作業にとどめを刺してしまいました。
このサイトでも何度か書いていますが・・
自分が何をしているか理解していない行動に対するツケを払うことになりました。
ここからはただの書き殴りです。

続きを読む

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

Lunascapeで電子書籍を一括検索

世間はいつの間にやら夏休みに突入していた模様。
毎年40日以上の休みが当たり前に準備されていた頃って、、何してたんでしょう?
と、思い出せば何でも一緒に馬鹿やれる友人がいたり、釣りや虫取りなど外遊びをしたり、
少し歳が進んでからはゲームにも没頭したりと、まあしっかり遊んでましたね。
今の休みはグッタリで何もしたくない状態が多く、参ったものです。

閑話休題。最近は電子書籍の台頭が著しいですね。
個人的に、専門書や小説など活字の多い書籍は今でも手に取れる「本」が良いですが、
漫画のように絵が多くて内容量が少ない(失礼)ものは「本」として1冊分のスペースを
取るには大きすぎる気がしていました。書棚のスペースには、限りがあります!!
そこで、特に漫画の電子書籍化は非常に嬉しく、これからもどんどん進んで欲しいと思っています。

さて、私が利用している電子書籍サイトは次の通りです。
・ebookjapan
・Yahoo!コミック
・honto
・楽天ダウンロード
・電子書店パピレス
・電子貸本Renta!
・DMM.com

他にもサイトはありますが、とりあえず漫画の品揃えが十分あり、
かつ検索以外でも商品を選びやすいサイトを中心に選びました。今後も追加するかも知れません。

これらサイトで、希望の漫画の検索を一つずつ調べるのはあまりに面倒です。
かといって後述する問題もあり、一度は調べておかないと後悔する可能性が出てきます。
そこで今私が使用しているブラウザ、Lunascapeでこれらサイトを一括検索する方法を見つけました。
ここに至るまで、実は結構苦労しました(笑)
普通に検索エンジンを個別登録して検索することはできるのですが、
一括にさせること、サイトによってはキーワードがURL途中に入る場合の対応などに悩みました。
Lunascapeの環境変数一覧でもあると助かるのですが(探し足りないだけです、きっと)

OS:Windows 7 x64 Ultimate Edition
Browser:Lunascape 6.5.0

1.メニューの「表示」→「サイドバー」→「設定」をクリック
2.「検索エンジン」を右クリックし、「新規フォルダの追加」をクリック
01_createnewfolder.jpg

3."電子書籍"というフォルダを新たに追加
02_createnewfolder.jpg

4."電子書籍"フォルダを右クリックし、「新規検索エンジンの追加」をクリック
03_createnewengine.jpg

5.URLの部分に下記をコピー&ペーストする(クリックすると選択されますので、コピペして下さい)
→6に続きます

・ebookjapan


・Yahoo!コミック


・honto 全ジャンル


・楽天ダウンロード コミック


・楽天ダウンロード 電子書籍(小説など)


・電子書店パピレス 全ジャンル


・電子貸本Renta! 全ジャンル


・DMM.com
これは無理でした。キーワードのエンコード方式が独自のようで、対応できません。
2~3文字打ち込んで様子を見ましたが、全てを見るのはさすがに・・と思っていたら、
どうやらこちらのブログで検証されていたようです。なんともタイミングが良いというか(笑)
○あいまいもこ
・DMMさんごめんなさい

6.「電子書籍」フォルダをクリックして選択する(この操作が重要!)
04_selectenginefolder.jpg

7.検索バーの検索エンジンがフォルダトップのURLアイコンになっていることを確認する
041_checkengineicon.jpg

8.検索バーに書籍名を打ち込み、検索する!

これで一括検索が可能になります。


なお、通常の検索エンジンに戻す場合は
検索バーのアイコンをクリックして選択するか、サイドバーの設定からエンジンを選んで下さい。
05_selectengineicon.jpg

6の操作は実はサイドバーからしかできません。
検索バーのアイコンをクリックすると検索エンジン単独の指定はできるのですが、
フォルダは選べないのです。

サイドバーを常に出すと狭いので、私はこの方法がベストとは思っていません。
しかし、サイトを一箇所ずつ巡るよりは遙かに効率が良くなったので、良しとしています。

以下は、ちょっとした考察を書いているだけですので、まだお暇な方はどうぞ。

続きを読む

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

地デジチューナー PX-W3U2 その1 (購入編)

丸一ヶ月更新できず・・今日も休日出勤とか!!もぅ・・

(今回の記事は長いので、2つに分けます。ちなみに導入編は後半です)

地デジ移行、まもなくですね。
前回の記事で、SKNET MonsterTV U3W用アプリケーションのアップデート方法を載せました。
今改めてSKNETのサイトでダウンロードして確認したところ、修正されているようですね。
まあ・・正直、既に愛想を尽かしてしまっております(笑)

視聴ソフトを起動するとAeroが自動でオフになるのですが、
視聴を終了してもタスクトレイに常駐アイコンが残り、これを終了させるまでAeroが復帰しない。
「ながら見」をするのにこの仕様は面倒すぎました。
他にも起動時にやたらエラーを吐く、PC起動後は一度USBプラグを
抜き差ししないと視聴ができない、EPGの取得がまともにできない、重い
・・などなど。
できる限りは対応しましたが、やはり日常的に使用するもの。限界はすぐでした。

そこで改めて、今度は本気で地デジチューナー探しをすることにしました。
条件としては

・Windows 7 64bit対応
・AeroがTV視聴時に無効にならない
・ダブルチューナー
・外付け(できればUSB給電)
・複数波対応(最低BS合わせて2波)


探し方が悪いのか、Aeroに対応した視聴ソフトを組み合わせて売っているものがありません。
情報を探しているうちに、原点回帰、どうやらWindows Media Center(WMC)を使うことで
Aeroがオフにならずに済むことがわかりました。

Aeroが有効なままTV視聴できるものにはWindows Media Center用のチューナーカードがあります。
これは探せば沢山見つけることができました。それらの中にはお目当てのダブルチューナー品も。
ところが、それらは内蔵カードタイプのみで外付け、特にUSBタイプとなると
どうしてもシングルチューナーとなってしまうのです。
例えば・・
・IO DATAのPC用地デジ・ワンセグチューナー


全ての条件を満たす物は本当に見つからないのか・・条件が多すぎて難しいかと思いつつ、
半ば諦めながらも探しに探した結果、何やらとても危険な香りのする物を見つけました。

・PLEX 地上デジタルBS・CS(3波対応)チューナー
PX-W3U2Package.jpg

Windows Media Center用のドライバがあるので、上記条件、全て満たします!!
補足として、
地上波、BSだけでなくCSも合わせて3波対応。
チューナーのジャックは2つですが、4チャンネル同時視聴・録画できます。
分波器が各チューナーに内蔵されているからです。それで、地上・衛星各2チャンネル。
地上・衛星のダブルチューナーを前提として分波器を準備していたのですが、
初期性能でオーバースペックです。凄い(笑)
値段が2万円近くと若干高いですが、性能比で考えると決して高くありません。

ただし、注意点がいくつか。初心者には運用までのハードルが高いと思われます。
何故なら、説明書がありません。ドライバCDもありません。
極めつけにB-CASカードが付属していません(!)。
私の場合はMonsterTVのカードを流用して使っていますが、
もしお持ちでない場合は何らかの方法でカードを入手しなければなりません。

次の記事で実際にPX-W3U2を使用したTV視聴までの道のりを書きます。
先に言ってしまうと、WMCを利用するも、実は問題があったのです・・

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。