スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

システムイメージの作成と復元機能 用法、要領を守り・・

システムが不意にクラッシュし、万全と踏んでいたバックアップシステムがなかなか使えませんでした・・
OSはWindows 7 Ultimate Edition x64です。

※システムクラッシュに備えてWindowsのシステム復元イメージをとっている方へ
当たり前のようで意外に本気のトラブルに直面しないため、忘れがちな注意点です。

・復元機能を使用するにはWindowsのインストールディスクか修復ディスクが必要!
インストールディスクを作っていない方は、修復ディスクを必ず作成しておきましょう。
回復コンソールをインストールしておくことは可能ですが、システムが起動不能までに破損した場合、
回復コンソールそのものを読み込めなかった経験があります。。

・復元先には、バックアップしたシステムをインストールしたディスク以上の容量を持つディスクが必要
1TBのHDDにシステムをインストールし、うち20GBしか使っていなかったとしても、
そのシステムイメージは復元時に1TB以上の容量を持つ復元先を要求します。
小→大の復元は可能ですが、その逆は標準のバックアップでは不可能です。ご注意を。

・システムイメージは復活させるWindowsが関与しない「物理的に別のドライブ」に保存しましょう
私は大容量HDDのパーティションを区切り、
システムに関連しないパーティションにイメージを保存していたのですが、
いざ復活させようと試したところ・・
「システムイメージはハードディスクにありますが、コンピューターを復元するためにはディスクをフォーマットする必要があります。復元する別のイメージを選択してください。」
と表示されてシステムの復元が行えませんでした。
エラーの意味が不明です。イメージを保存したパーティションはシステムと全く無関係なのに。
「自由にフォーマットして良いよ?!」と何度も叫びそうになりました。
そのエラーに対して、どうすれば良いのかも全く提示されませんでした。
ちなみに、このサイトでその状況が実際に検証されています。

○パソコンをつくろう!(パソコン自作のすすめ)
・[第114回]●Windows7が起動できない状態からのシステム復元テスト

今回の原因は、大容量HDDのパーティションを二つに分けていたのですが、
そのうち一つにWindowsのDocumentsフォルダを移動させており、
システムイメージをとった際にバックアップに含めていたためでした。
個人データを失わないようシステムドライブと分離させたことがアダになるとは・・
解決策として、システムイメージの保存フォルダをUSB接続の外付けHDDのルートフォルダにコピーして接続、
システムイメージを自分で選択するオプションで検索すると、そのイメージから復帰できます。
(勿論Documentsフォルダも復元され、もう一つのパーティションデータも無事でした)

・システムのイメージ復元に失敗した場合、せめてデータを吸い出すために・・
保存したイメージはそのドライブのルートにWindowsImageBackupというフォルダ名で保存されています。
フォルダを開いていくとBackup yyyy-mm-dd ******というフォルダがあります。
その中に拡張子がvhdのバーチャルマシンハードドライブイメージが入っています。
それを確認した上で、

1.コントロールパネルの管理ツールからコンピュータの管理を開く
2.左側でディスクの管理を選択し、右クリック→VHDの接続をクリック
3.参照ボタンを押し、先程確認したvhdファイルを選択(読み取り専用のチェックをオススメ)
するとドライバのインストールが行われ、バーチャルハードディスクにアタッチできます。
後はマイコンピュータからドライブを開き、必要なデータを吸い出しましょう。
終わったら
4.ディスクの管理画面の右側でアタッチしたドライブを右クリック→VHDの切断
この時、切断後にファイルを削除するという恐ろしいチェックがありますが、押さないように!!

なお、この時アタッチしたドライブが未割り当て領域と表示される場合・・
忘れていなければ、事前にバックアップした秘密キーと証明書を読み込んで下さい。
この時点で既に手持ちになければ、諦めざるを得ない可能性が高いですね・・
まだエクスポートしていない方は次の要領で秘密キーと証明書をバックアップして下さい。

1.ファイル名を指定して実行を開く
2.「mmc certmgr.msc」と入力してOK
3.左側の個人をクリック→右側のユーザー名を選択
4.メニューの操作→全てのタスク→エクスポート
5.「はい、秘密キーをエクスポートします」を選択する
6.「Personal Information Exchange」を選択し、パスワードを設定する
7.エクスポートする場所とファイル名を決め、完了させる
8.外部メディア等にバックアップさせる

新システムを構築したら、上記作業をインポートとして行います(個人ストアにインポート)
これで、古いシステムイメージを確認することができるようになります。
・・・

システムイメージの復元機能、過度な期待は禁物です。
実際にこれを使う際には何らかのトラブル時、最終手段として行われるかと思いますが、
その状態で精神的に追い打ちを受ける可能性があります。
余裕がある方は一度設定を見直し、実際に試してうまく動くか確認した方が良いかも知れません。
ただし、その作業で現システムを失う可能性もあるため、難しいですね・・・
私は今回を機に、NASを使用して日常的なバックアップを行わせるシステムの構築と、
イメージ復元用の市販ソフトを探して購入したいと考えています。

ところで・・今回、システムがせっかく(?)クラッシュしたので、
どうせならとSSDのリフレッシュを試みました。これが・・復旧作業にとどめを刺してしまいました。
このサイトでも何度か書いていますが・・
自分が何をしているか理解していない行動に対するツケを払うことになりました。
ここからはただの書き殴りです。
さて、私が使用しているSSDはCORSAIRのCSSD-F60GB2-BRKTおよびOCZ-TechnologyのOCZSSD2-1VTXT30G。

-当ブログでの関連記事-
OCZSSD2-1VTXT30Gでようやく復旧
OCZSSD2-1VTXT30Gで構築するRaid0の性能
CSSD-F60GB2-BRKTで構築するRaid0の性能

Trimコマンド対応SSDですが、Raidを組んでいるので実際に発行されているかは不明。
日常的にはデフラグ時に空き領域の結合を行うことで極力性能低下を抑えているつもりです。

SSDの書き込み状態をリセットすることができる機能としてSecureEraseというものがあります。
この機能は元々は性能低下に対するものではなく、
廃棄時のセキュリティ対策として設けられたものらしいですが。

SSDのコントローラがSecureEraseに対応している必要がありますが、
対応している場合はHDDEraseというソフトを使ってSecureEraseを行うことができます。
最新バージョンは4.0ですが、トラブルが起こる可能性があるとのことで下記記事では3.3を奨めています。
私は何も考えずに4.0を使いました。

○DOS/V POWER REPORT
・SSD使いこなしテクニック メンテナンス編

コントローラによって処理時間が異なるそうですが、私のものでは一瞬でした。
処理直前にHPA/DCOを削除するか聞かれました。これはなんぞや?と調べてみると・・

○Multilingual Archive(Powered by WorldLingo)
・Device configuration overlay

何やらとっても大事な領域のようで・・

○一方、ふうえんさんち では…(そんぷうし ふうえん様)
・SSDでSecure Eraseを試す【追記あり】

しかし、この方はその後に特に問題がなかった様子。

さて、何となく嫌な予感がしたので消して良いかと言われて『No』と選択すると・・
プログラムが終了してしまう。
でも試してみたい。
ここで止めておけば良かったんでしょうね(つД`)
クラッシュし、前半解決策にたどり着くまでにかなりの時間を要しており・・
半ばヤケになっていたのか、まあいいやと消してしまいました。

さて、無事にCompleteとなり、
その後システムを再構築しようと外付けUSBのHDDからシステムイメージの復元を行おうとすると・・

「システムイメージを復元できませんでした。システムディスクの回復に使用できるディスクが見つかりません。」

どうやらこのエラー、バックアップ先のディスクが元のサイズより小さく、
かつ他に使用できるディスクが存在しない場合に表示されるもののようです。
そういえば、確かHDDEraseを使用した際に、

「Factory default maximum address does NOT equal the maximum LBA address currently set!!!」

と出ており、その後HPA/DCO領域の削除を求められました。
これを続行したから・・?SSDのフォーマット時の容量が変わってしまった・・?
でも減るより増えるのでは??文章的にはLBAがあえて小さく設定されているように読めます。。
そこでSeaGateのHDD診断ツールであるSeaToolを用いて現在のLBAを調べてみたところ、
確かにMax LBAとCurrent LBAの値が違い、Currentの方が小さい。大した量ではないですが、何故??
これだ!と思ってLBAをMaxに設定してやり、フォーマットしてからシステムイメージの復元を試みました。
ところが・・結果は変わらず。結局、二度とこのイメージを復元することはできませんでした。
(SeaToolは凄い!Raidを組んだまま個別にドライブ認識、操作が可能でしたよ!HGST Feature Toolはそうはいかない・・)

でも、原因はどちらか言うとこちらかも・・?
Raidを解除した際にCrystalDiskInfoで確認したところ、一台のSSDにごくごく一部の領域にエラーがあり、
代替処理されているような(もう忘れてしまいました)値になっていました。
だから・・フォーマットしたら数バイトですがディスク容量が小さくなった→復元先のサイズが小さいエラー

より大容量のディスクを買ってくれば、復元可能でしょう・・
しかし、そこまでする元気は残っていません。

気をつけましょう。
数バイトでも容量が小さくなれば、システム復元は絶対に許してくれませんヽ(`△´)ノウァァ

--
余談ですが、Windows7のクリーンインストール時に、
既存のドライブ構成のままで行おうとするとインストールできないという事態に陥りました。
容量は十分あるのに何故?と思いましたが、とりあえずインストールするディスク以外を外したところ、
無事にインストールまで進むことができました。なんだこのバグ??

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

コメントの投稿

非公開コメント

Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。