スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

Lunascapeで電子書籍を一括検索

世間はいつの間にやら夏休みに突入していた模様。
毎年40日以上の休みが当たり前に準備されていた頃って、、何してたんでしょう?
と、思い出せば何でも一緒に馬鹿やれる友人がいたり、釣りや虫取りなど外遊びをしたり、
少し歳が進んでからはゲームにも没頭したりと、まあしっかり遊んでましたね。
今の休みはグッタリで何もしたくない状態が多く、参ったものです。

閑話休題。最近は電子書籍の台頭が著しいですね。
個人的に、専門書や小説など活字の多い書籍は今でも手に取れる「本」が良いですが、
漫画のように絵が多くて内容量が少ない(失礼)ものは「本」として1冊分のスペースを
取るには大きすぎる気がしていました。書棚のスペースには、限りがあります!!
そこで、特に漫画の電子書籍化は非常に嬉しく、これからもどんどん進んで欲しいと思っています。

さて、私が利用している電子書籍サイトは次の通りです。
・ebookjapan
・Yahoo!コミック
・honto
・楽天ダウンロード
・電子書店パピレス
・電子貸本Renta!
・DMM.com

他にもサイトはありますが、とりあえず漫画の品揃えが十分あり、
かつ検索以外でも商品を選びやすいサイトを中心に選びました。今後も追加するかも知れません。

これらサイトで、希望の漫画の検索を一つずつ調べるのはあまりに面倒です。
かといって後述する問題もあり、一度は調べておかないと後悔する可能性が出てきます。
そこで今私が使用しているブラウザ、Lunascapeでこれらサイトを一括検索する方法を見つけました。
ここに至るまで、実は結構苦労しました(笑)
普通に検索エンジンを個別登録して検索することはできるのですが、
一括にさせること、サイトによってはキーワードがURL途中に入る場合の対応などに悩みました。
Lunascapeの環境変数一覧でもあると助かるのですが(探し足りないだけです、きっと)

OS:Windows 7 x64 Ultimate Edition
Browser:Lunascape 6.5.0

1.メニューの「表示」→「サイドバー」→「設定」をクリック
2.「検索エンジン」を右クリックし、「新規フォルダの追加」をクリック
01_createnewfolder.jpg

3."電子書籍"というフォルダを新たに追加
02_createnewfolder.jpg

4."電子書籍"フォルダを右クリックし、「新規検索エンジンの追加」をクリック
03_createnewengine.jpg

5.URLの部分に下記をコピー&ペーストする(クリックすると選択されますので、コピペして下さい)
→6に続きます

・ebookjapan


・Yahoo!コミック


・honto 全ジャンル


・楽天ダウンロード コミック


・楽天ダウンロード 電子書籍(小説など)


・電子書店パピレス 全ジャンル


・電子貸本Renta! 全ジャンル


・DMM.com
これは無理でした。キーワードのエンコード方式が独自のようで、対応できません。
2~3文字打ち込んで様子を見ましたが、全てを見るのはさすがに・・と思っていたら、
どうやらこちらのブログで検証されていたようです。なんともタイミングが良いというか(笑)
○あいまいもこ
・DMMさんごめんなさい

6.「電子書籍」フォルダをクリックして選択する(この操作が重要!)
04_selectenginefolder.jpg

7.検索バーの検索エンジンがフォルダトップのURLアイコンになっていることを確認する
041_checkengineicon.jpg

8.検索バーに書籍名を打ち込み、検索する!

これで一括検索が可能になります。


なお、通常の検索エンジンに戻す場合は
検索バーのアイコンをクリックして選択するか、サイドバーの設定からエンジンを選んで下さい。
05_selectengineicon.jpg

6の操作は実はサイドバーからしかできません。
検索バーのアイコンをクリックすると検索エンジン単独の指定はできるのですが、
フォルダは選べないのです。

サイドバーを常に出すと狭いので、私はこの方法がベストとは思っていません。
しかし、サイトを一箇所ずつ巡るよりは遙かに効率が良くなったので、良しとしています。

以下は、ちょっとした考察を書いているだけですので、まだお暇な方はどうぞ。
電子書籍、非常に便利ですが今は勃興期ということもあってか、以下の問題があると思います。

1.Amazon.co.jpのような「ここで検索したら大概見つかる」サイトがまだ無い
2.電子ビューア(ファイル形式)の乱立
3.サイト毎に同タイトル品でも価格が違う
4.サイト毎に同タイトルシリーズの更新具合が違う
5.OS再インストール時など、トラブル時に書籍を失う可能性がある

・1について
通常の書籍は大概、Amazon.co.jpで探せば見つかります。
最近は新刊以外にポイントが全然ついていないことに気づいて、bk1をメインに使っています。
楽天ブックスも取り扱い範囲は広いですね。私は二度と利用しませんが。
他はe-hon紀伊國屋書店など、通常の書店のオンライン版が利用できます。
一方で、電子書籍の場合はこれといった大きなサイトがまだありません。

・2について
とにかく多いですね。各電子書籍サイト毎にあるのかというくらい有ります。
今インストールしているだけでebi.bookreader、bookend Desktop、T-Time、DMM電子ビューア。
オンラインではAdobe Acrobat ReaderもあればMEDUSA、Digital Object Readerと、様々。
一時のDVDR規格のようです。コンボ?スーパーマルチドライブ?呼び名もいろいろありましたね。
最後には全ての形式に対応したドライブが標準となり問題なくなりましたが、時間がかかります。

・3、4について
これは本当に悩ましい問題ですが、とあるサイトで目的の書籍を見つけて購入してから
別のサイトでふと検索するとより安く見つかる、ということが多々有ります。
また、高いけれど他サイトより新刊が販売されていたりするとまた悩むことになります。
待っていれば安いサイトでもいずれは登録されるでしょうが、
それがすぐなのか、半年後なのか、わからないのです。
かといって例えば2巻までAのサイトで購入し、3巻が出ないからBのサイトで購入すると
ファイル形式が異なり、ビューアも違うものになってしまうと言う面倒さ。
ちなみに安いのはそれなりの理由もあり、一定期間だけしか読めないとか、
ビューアがオンラインで通信速度によってはページめくりにストレスを感じたり。
一長一短です。

・5について
ライセンスの関係上、ダウンロード系の書籍は購入したPCでしか読めないものがほとんどです。
Windowsライセンスのように、暗号化解除のキーをOSとハードウェア構成から生成しているのですかね?
安定しているシステム以外では大量購入をしない方が無難です。
まあ・・うまいことして、バックアップを取るようにしましょう。方法はあります。
オンライン倉庫に保管できるebookjapanやそもそもがオンラインでログインすることで
書籍を読むYahooコミックや電子貸本Rentaがオススメです。

いずれ、手持ちの漫画は全て電子書籍化させる予定です。
本棚が空きますと新しい本が買えますし、また引っ越しなどで持ち運ぶにも便利ですしね。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

コメントの投稿

非公開コメント

Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。