スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

Distant Worldsに行ってきました

ゲーム音楽って素晴らしいですよね。

○Distant Worlds music from FINAL FANTASY Returning home

2010年11月6日及び7日に
東京国際フォーラムにて開催されたコンサートに6日、行ってきました!
入り口のAホールまで、広場を延々と蛇行したもの凄い行列ができていました・・
17時10分に着いたのに、会場入りできたのは開演20分前の17時40分ですよ。
でも行列をするという行為で謎に楽しい気持ちになったり。お祭り気分?

開演前ステージとホール(ステージにスクリーン?!)
ステージ

えらい後ろの席だ・・
ホール

それにしても人だらけ!(この後、ほぼ全席が埋まりました)
ホール2

(あれ~・・凄いブレてる(;_;))
.
.
.
出だしからFFⅦの「片翼の天使」でテンションが一気に↑↑でした!
オーケストラの楽曲演奏はクラシックでも非常に聴き応えがあるのですが、
さらに混声合唱団が組み合わされたものを一度生で聴きたかったのです(´ー`)
今回はそれが自分が楽しんだゲームの音楽で!しかも好きな曲の一つ・・
いきなりバッチリで、これだけでも遠出した甲斐があったというものでした。

ちなみに、ずっと壮大な調子の演奏ばかりではなく、
勝利のファンファーレやチョコボの曲など、遊び感も満載でした。
途中、ピアノソロ、ギターソロ、ソロボーカルの人も出てきて各自の演奏も堪能しました。

それにしても、舞台のスクリーンを見ていると、
新作やリメイク版のグラフィックやムービーはつくづく凝っているなぁと思いましたよ。
ファミコンやスーファミ世代はこの変遷に感動を覚え続けたのですが(PS1は革命でした)、
今の世代は最初からこれがスダンダードとなってしまうのですね。
私はそれはそれで勿体ないという気もしています(^_^;)
まぁ、ゲームはグラフィックも大事ですが、やはり心に響く「中身」こそが肝心です。

あっという間の2時間も終わってしまいました・・勿論満場でアンコールを希望。
すると、なんとなんとFFVより、「ビッグブリッヂの死闘」を演奏されました!
タイトル宣言をされた瞬間、会場がオォっと沸きましたよ(笑)
ギルガメッシュの戦闘シーンを見て懐かしさも一入。

あくまで個人的ですが、意見も少し。
FFⅩの「ザナルカンドにて」は、オケアレンジを逆に残念に思ってしまいました。
いっそのことピアノソロのままで良かったのかも。
男女混声合唱団を交えたFFⅥの「妖星乱舞」は雰囲気が出ていましたが・・
全体的な演奏速度やオルガンにちょっとだけ、肩すかしを食らった気もしました。
感じ方は人それぞれだと思いますが迫り来る盛り上がりの
重厚感が足りないというか何というか・・う~ん(^_^;)


FFシリーズの音楽と言えば植松 伸夫さんですが、同氏も演奏を聴きに来られていました!
私はFFⅦ以降をプレイしていませんが、
最近のシリーズでは同氏は担当されていないのですかね?
浜渦 正志という方が一緒に来られていました。確かに新作の曲調は全然違いましたねぇ。

FFⅦまでの知識での参加では、特にXIIIの知らない曲が多かったのですが、
有名な曲はMIDIや動画など色々な機会で聞いた覚えがあり、
オーケストラアレンジの演奏を十分堪能できました。
もちろん初めて聞いたものでも十分楽しめましたよ。
ただ・・オーケストラアレンジというこのコンサートの存在を最初から知っていれば、
もっと初期作の有名曲オケが生で聞けたのかなぁと凄く残念に思ってしまいました。

さすがに日帰り東京の旅はしんどかった・・ですが、今回のコンサートは価値が有りました。

一長一短ですが、やっぱり、音楽の生演奏って素晴らしい。
本当に、久しぶりに心の芯でテンションが↑↓した貴重な時間でした∑d( ̄― ̄ )
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

コメントの投稿

非公開コメント

Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。