スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

LunascapeでGeckoエンジン使用時のキャッシュ保存場所

ここ最近、ハードディスクがトラブルを引き起こしそうな兆候を見せたため、
システムの再構築が必要となったのですが・・非常に大変な目にあいました・・
後日また時間のあるときに、長々とした記事を書こうと考えています。

さて、今日は私が最近乗り換えたブラウザ、Lunascapeについて小ネタを投下。
ちょっとだけ紹介しますとLunascapeとは・・

Lunascape(ルナスケープ)は、Windows上で動作するウェブブラウザである。早稲田大学大学院理工学研究科情報・ネットワーク専攻博士課程に所属していた近藤秀和により開発された。現在は近藤の設立したLunascape株式会社によって開発・提供が行われている。(wikipedia Lunascapeタイトルより)


というブラウザです(詳細はHPで確認してください(笑))。
とりあえずこのブラウザを選んだ理由は次の点から。

・レンダリングエンジンにTrident, Geckoを切り替えて使えること(Webkitもついてきます)
Sleipnirを長年使用しており、操作性等で近しい物が欲しかったこと
・現時点であまり知られすぎておらず(笑)、今後の伸びが期待できそうなもの

これだけです。

今回はLunascapeを使用するにあたって、
Geckoエンジンで使われているキャッシュの保存場所とその変更方法について紹介します。
ここでは、Lunascapeのインストール先は初期設定通りとします。

OS:Windows 7 x64 Ultimate Edition

<キャッシュの保存場所>

まずキャッシュの保存場所ですが、次の場所にあります。

[システムドライブ:\users\アカウント名\AppData\Roaming\Lunascape\Lunascape6\plugins\{9BDD5314-20A6-4d98-AB30-8325A95771EE}\data\Cache]

環境変数を使って簡単に書くと次のようになります。

[%APPDATA%\Lunascape\...(以下上記と同じ)]

LunascapeのキャッシュはIEと違ってダウンロードしたファイルをそのまま保存しておらず、
_CACHE_001_といった一つのファイルにデータをまとめて保存しているようです。
この記事を書きつつキャッシュフォルダを覗くと、拡張子を持たないファイルが並んでいました。
_CACHE_001_が003まであり比較的サイズが大きく、続いて_CACHE_MAP_、
以下2D2356F2d01などサイズの小さなファイルが保存されていました。
(IEの感覚で検索しても見つからないわけです)
変更方法ですが、やや面倒な方法を取る必要があります。

Lunascapeを起動し、[メニュー]→[ツール]→[Lunascapeの設定(L)]→

[基本設定]タブ[エンジンの設定]フレーム[Geckoの設定(G)]ボタン
GeckoSetting1.jpg

[一般]タブ[高度な設定]フレーム[Gecko詳細設定画面]ラベルのリンクをクリック
GeckoSetting2.jpg

about:configが表示されたら適当な場所で
右クリック→コンテキストメニューの[新規作成(N)]→[文字列(S)]を選択
aboutconfig.jpg

新しい文字列の設定ダイアログで、「browser.cache.disk.parent_directory」と入力
aboutconfig2.jpg

文字列を入力してくださいダイアログで、移動させる先のパスを入力
aboutconfig3.jpg

browser.cache.disk.parent_directoryは初期設定で存在しないため、
新規作成しなければなりませんが、これでキャッシュフォルダの保存場所が変更できます。


以下はおまけ。

・Tridentエンジン
キャッシュの場所は次の方法で確認でき、変更も同様のダイアログで行えます。
Internet Explorer 8(以下IE)を起動し[メニュー]→[ツール]→[インターネットオプション]→
[全般タブ]→[履歴の閲覧]フレーム→[設定(S)]ボタン→
[インターネット一時ファイル]フレーム→[フォルダーの移動(M)]ボタン
から変更することができます。
これは普通によく知られている方法だと思います。

・Webkit
移動方法は調べていません(使っていないので・・)
キャッシュの場所だけ記しておきます。

Geckoと同様ですが、plugins以下が異なります。

[システムドライブ:\users\アカウント名\AppData\Roaming\Lunascape\Lunascape6\plugins\{E0A0A926-0D85-44fa-8BC5-AD8BECF6D545}\data\Cache\http]

キャッシュはこれまたIEと異なり、
ファイル名がcache_0ebd97bf5496327a1c8cb8359516dcf156327062.cacheなど
拡張子の位置として.cacheはついていますが、これまた元のファイル名とは全く異なります。

--

接続速度が十分早いのに、ページの表示が遅い場合は次の点が考えられます。

・PC側の性能不足(CPUクロック数不足や、メモリ搭載量不足によるスワップ発生等)
・キャッシュ保存先ディスクの速度が遅い、または空きスペースが断片化している
などなど・・

特に下の理由の場合、過去記事で触れたRAMDISKを作って
これらキャッシュフォルダを配置すると劇的な体感速度の向上が図れますよ。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

コメントの投稿

非公開コメント

Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。