スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

ハイチ大地震

今年は阪神大震災より15年目に当たります。

【阪神大震災】「伝える」思い新たに 鎮魂祈り各地で追悼

災害対策システム上の不備も多々見つかりました(最初からわかっていたと思いますが)。
どのような対応にも万全はありません。人間ですから。
しかし、不備を承知していながら対応していなかった怠慢で失われた国民の命に対して、
できる本当の償いは謝罪だけではなく当時と同じ過ちを犯さないための改善改質でしょう。

ところでハイチで1月12日に大地震があったそうですね。
しかもその地震の仕組みは阪神大震災に良く似ていたのだとか。

ハイチ地震 死者20万人か 救援・治安維持へ米軍始動
ハイチ地震、仕組み「阪神大震災」に酷似

各国はいち早く支援を表明、実行に移したようです。

ハイチ大地震、各国の救援隊到着

相変わらずの日本政府ですが、今回の政府はやはり、特に対応が遅いですね。
アメリカ、中国などが既に現地で救援活動を行っていた頃に「対応を検討中」とのたまい、
16日になって、ようやく、ようやくの救援部隊出発です。

ハイチ大地震 災害支援のため、日本の国際緊急援助隊医療チームが成田空港を出発

地震大国の日本。
大災害となった経験も多く、その度教訓を積んできているはずです。
日本はこのような状況に対してあらゆる方面の問題を玄人の如く理解できるにもかかわらず、
このような対応の遅さに歯がゆい気持ちで一杯になりました。

日本の医療団ハイチへ出発 「15年前の恩返しを」

このような言葉を、堂々と胸を張って述べられるよう、
政府はもっともっと早くに行動できるよう対応すべきでした。
何しろ72時間の生存限界がとっくに過ぎてからの救援部隊到着ですから。
後追いで、発生直後に比べて現地の状況もずっとわかっている状態にもかかわらず
大地震経験国からの支援としてはやや小規模な気がしてます。。
現場関係者は私たちとは比べものにならないくらい歯がゆいのではないでしょうか。。
このような記事を読んでから、この気持ちは尚更強まりました。

【ハイチ地震】中国が迅速な救助対応 大国の責任をアピール

インターネットの掲示板には
「四川大地震で中国は各国に助けてもらった。今回は私たちが助ける番だ」と
政府の早い決断を評価する意見があふれている。
中国の世論が外国の自然災害に高い関心に示すのは珍しく、
四川大地震を受け、国民の意識変化が伺える。



もちろん記事中の指摘のように
中国政府が手放しの感情論でこのような行動に出ているはずはないでしょう。
しかし外交というのはそういうものなので、別に批判する事ではありません。
現実に火急に必要としている救援の手を即断で差し伸べたという行動力が素晴らしいです。

・・現地の状況はかなり悪化しているらしいです。
隊員の皆様はくれぐれも安全に気をつけつつ救援活動に全力を尽くしてください。


正直今回の政府の対応に我慢が出来ず、微力ながら何か出来ることをと思い、募金しました。
500円を一口に100000円まで対応しているようです。
今いるのはお金より人手だと思いますが、私にできる精一杯。

Yahoo! Japan ボランティア 「ハイチ地震救援金」

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

コメントの投稿

非公開コメント

Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。