スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

Windows 7でスリープから復帰しないトラブルを解決

ここ2週間程度、本当に忙しかった・・仕事が、ですが。
正直プライベートで何もやる気が起きないほどの目まぐるしさでしたよ。
おまけに異文化コミュニケーションというものの頻度も増えており、
お酒の席にもなろうものなら頭の中をシェイクされているような疲労感が残ります(^_^;)
そして・・久しぶりの休日!全く家から出る気がしません(笑)
ふっと出歩くのが苦手なのでいつも予定を立てるのですが、
それすらする余裕がなかった場合は、ひたすらまったり過ごせる休日となります。

閑話休題。
書きたいネタが溜まってきて、そろそろ頭から抜けて行き始めています・・
そこで、今回は長年煩わされ、一時期使用を諦めていたスリープを
現実的に使えるようにする設定を紹介します。
とても長文なため、最後まで読むには根気が要るかも。
(ただ、例によって私と違う環境の場合では結果が異なることがありますので、
過度な期待はされませんように・・)


<環境>
・Windows7 x64 Ultimate Edition
・USBキーボード、USBマウスを使用
・ハイブリッドスリープはオフ
ACPIステータスはS3に対応(S1は非対応)
availableSleepMode.jpg

・マザーボードはGIGABYTE TECHNOLOGY EX58-UD4 rev1.0

<トラブル>
・Windows 7がスリープから復帰しないことがある、またはほとんどの場合に復帰できない
・全く復帰しないわけではない

<エラー状況>
・トラブル発生時の再現性が取れない
 →スリープ時間が長いほど復帰しない傾向があるが、その限りではない

<今回の解決方法>
順を追って記していきます。最後まで進まなくても解決に至る環境もあると思います。
また、一部全てを確認していない設定もあります・・その点はご了承下さい。

1.BIOSの設定を見直す(ACPIの設定が正しいか確認)
まれにBIOSでACPIの設定ができてない場合がある?私は経験したことがありませんが念のため確認・・

a.トップ画面でPower Management Setupを開く
b.ACPI Suspend Typeで「S3(STR)」を選択
c.(不要なら)Power on by Ring, AlarmやPMEなどでスリープ解除できる設定は全てオフにする
d.トップ画面に戻り、Save & Exit Setupを選んで再起動


2.ビデオカードのドライバを最新(WHQL対応ドライバ)に更新または変更する
一部の環境では、ビデオカードのドライバが足を引っ張ることがあるようです。
念のため、WHQLの認定を受けた最新のドライバをインストールしておきましょう。
なお、もとからデバイスが対応していない場合は駄目ですが。


3.USBキーボード、USBマウスを使用している場合、S3ステートからそれらデバイスを使用して復帰ができるよう設定する
USBキーボードとマウスが主流となりつつある今日、
この点で引っかかっている人も多いのではないでしょうか。
下記Mirosoftサポート記事は次のような意味であると思われます。
WindowsのデフォルトはUSBデバイスからのスリープ復帰はデフォルトでS1ステートを想定しています。
S3ステートでは、ハードウェアにも因るようですが、USBデバイスへの給電が停止される場合があるようです。
それを、明示的にS1ステートの動作をS3ステートで行わせるよう動作を上書きする設定です。
ユーザービリティを考慮した結果らしいのですが・・
時代に即してデフォルト設定を変更して欲しいところですね。

○Microsoft サポート
・USB デバイスでスタンバイ状態が解除されるように設定されているときにスタンバイ状態で S3 電源状態を有効にする方法

a.レジストリエディタを開く
b.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\usbキーを開く
c.右クリックして[新規(N)]→[DWORD(32ビット)値(D))を作成
d.名前は[USBBIOSx]、値は[0]を設定
e.レジストリエディタを閉じる&再起動(必要ないかも)
regstryforusb.jpg

(オプション設定)
4.USBデバイス(キーボード、マウス以外)からの復帰許可を設定
私の環境では、TVの録画にPX-W3U2(USB接続)を使用しており、予約はタスクスケジューラを介しています。
そこで、下記の設定が必要になっています。

a.コントロールパネルの電源オプションを開く
b.プラン設定の変更を開く
poweroptiontop.jpg

c.詳細な電源設定の変更を開く
poweroptiondetail.jpg

d.詳細設定タブのスリープ→スリープ解除タイマーの許可→設定:[有効]を選択
poweroption1.jpg

スリープ復帰時、一部のUSBデバイスが問題を起こすことがあるようです。
それには次の設定を無効にすると良いようです。
USBデバイスの一部は、このセレクティブサスペンドに対応していないためです。
省電力という意味ではマイナスですが、システム復帰後にトラブルがあれば問題外ですから。

e.[詳細設定]タブのUSB設定→USBのセレクティブサスペンドの設定→設定:[無効]を選択
poweroption2.jpg


5.デバイスマネージャで各USBデバイスからWindowsを復帰できるよう設定する(この設定が無効な場合、USBデバイスからの復帰ができません)

a.コントロールパネルのデバイスマネージャーを開く
b.キーボードのツリーを開く
c.キーボードデバイスを右クリックし、プロパティを開く
d.[電源の管理]タブを選択する←このタブはBIOSでACPIのS1ステートを選択にした場合のみ表示されます。
ただし、「3」のレジストリ設定を行うことでS3ステート選択時に出現させることができます。
e.[このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする]にチェックを入れる
devicemanager.jpg

f.マウスも同様に設定する(マウスでは復帰したくない場合、この操作は不要)


本来なら、ここまででほとんどの環境ではスリープが問題なく使えるのでしょうが、
私の場合はまだ無理だったのです。ここからが本記事のメインポイントです。

・・ふと考え直すと、Windowsのスリープ移行・復帰のトラブルに
勝手に復帰するというものもあることを思い出しました。
その場合、多くはネットワークからのWake on LAN(以下WOL)という機能が効いていたような・・
BIOSでも設定は無効にしており、あまり関係なさそうと思いつつ、
ネットワークの設定に焦点を当ててみました。


6.ネットワークアダプタの設定を見直す
a.コントロールパネルのデバイスマネージャーを開く
b.ネットワークアダプターのツリーを開く
c.デバイスを選択し、プロパティを開く(私の場合はRealtek PCIe GBE Family Controller)

すると、[電源の管理]タブを発見!しかし・・
[電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする]に
デフォルトでチェックがあり、あまり関係なさそう。
networkofpower.jpg

しかし、忘れてはいけないタブがあるのです。

d.[詳細設定]タブを選択
e.下記の項目を[Disabled]に変更
・Green Ethernet
・Shutdown Wake-On-Lan
・Wake on Magic Packet
・Wake on pattern match
・WOL & Shutdown Link Speed(選択肢はNot Speed Downのみ)
networkconfig.jpg

詳細はそれぞれ調べていませんm(_ _)m (Greenは省電力、以下はWOL系のハズ)。
しかし、とりあえず使っていない(というか想定外)上記の設定は全て無効にしてみました。
すると・・

スリープ復帰、完璧に動作しました∑d( ̄― ̄ )

(記事を書くまでに3週間程度期間を置いていますが、今のところ復帰率は100%です)

PMEやPower on by Ringなど、ネットワーク経由での設定はBIOSで無効にしていたのですが、
デバイスマネージャでの設定は有効なままになっており、なんとこれが悪さをしていた・・
何故かわかりませんが。あちこちいじった末に見つかったポイントでした・・

WOLではなくスリープをメインに、と考えられる方は
上記設定を見直して、スリープを有効活用しましょう!

スポンサーサイト
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。