スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

T-Time pluginをIE9にインストール

※2011年10月23日にタイトル及び内容を修正
本記事の対応策は、T-Time Pluginのインストールにしか活用できないことがわかりました。。

Internet Explorer(以下、IE)9が登場してから、
最速のブラウザ群にIEが乗り込んでくるとはちょっと想像しておりませんでした・・
しかし、それを体感するにはちゃんとしたビデオカードを備えていなければいけませんね。
数世代前のメーカーPCではCPUはそこそこな性能でも(アーキテクチャはともかく周波数がGHzクラス)、
グラフィックはチップセットの付属機能というものがありました
(もっと昔はオンボードのグラフィックチップもありました)。
おそらく、それら程度ならソフトウェアレンダリングの方が逆に速いのでしょうね・・

さて、IEを8あたりにアップグレードしてからくらい?何やら特定のオンラインサイトで
提示されるプログラムのインストールができないシーンが増えました。
特に気にしていなかったのですが、電子書籍サイトの一つ、hontoで他所ではあまり見かけない
T-TimeというVoyagerの電子書籍閲覧ビューアが使えないのには困ってしまいました。
何故なら、サンプルの立ち読みすらできない状況では、ここにしかないものが買えません。

<環境>
・Windows7 x64 Ultimate Edition
・Internet Explorer9 (Lunascape6)

<トラブル>
・T-Time Pluginのインストールができない

<エラー状況>
・情報バーに「このWEBサイトのアドオンは実行できませんでした。[インターネットオプション]のセキュリティ設定で、競合がないことを確認してください。」と出る
・管理者権限で起動、UACの無効化、アドオンの全無効化、ActiveXフィルターの無効化、信頼サイトに登録、設定のリセット、でも解決できない

<今回の解決方法>
1. 管理者の権限でIEを起動
2. 「ツール」→「インターネットオプション」→「詳細設定タブ」のセキュリティ
3. "オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする"のチェックをオフにする
ieoptionsecurity.jpg

4. "OK"を押し、プログラムを再起動(しないと設定変更は有効になりません)
5. 再度情報バーの出たページに移動
6. ActiveX(アドオン)をインストールする
7. 3でオフにした設定をオンに戻し、プログラムを再起動する(忘れないように!)
addonlist.jpg
(発行元が確認できないことがインストール拒否の原因だった?)

これはいったいどういうこと?というところでずっと放置しておりました。
しかし、最近設定の見直しをしているうちに「もしやこいつか?」と・・案の定当たりでした。
これで、無事にT-Time Pluginをインストールすることができました。
ただ、不正なプログラムのインストールやコードの実行を事前に食い止めてくれる大切な機能、
利用可能ならば原則オンにしておくべきです。
実際、何をインストールさせる気かわからないサイトでいきなりこの情報バーが出ることがあります。
そういうときはしっかりガードできてるな、と思います。
今回の場合、私は
信頼できるものを自分の理解している範囲で利用するために一時的にオフにしてインストールしました。
この機能はIE7,8時代に実装され、
古いプログラムにはこの機能の進化に対応が追いついていないものがあるようですね。

○Microsoft
IE8 セキュリティ パート I : DEP/NX メモリの保護

これでやっとT-Time Plugがインストールでき、.bookの書籍サンプルを読むことができました。
どうでも良いですが・・Voyagerというと、MALDIを思い出してしまう。。マニアックだなあ(笑)
スポンサーサイト
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

「User Profile Service」 Windowsがクラスレジストリファイルをロードできません。 エラーを解決

来週には大きな発表が控えており、今週末はせっせと準備と原稿の精査・・
ちょっとした現実逃避に一つ記事を書きます。

というのも、先日なぜかWindowsのシャットダウン途中に突然のBlue Screen of Deathに見舞われました。
とても、とても嫌なタイミングです。大体この時のトラブルって設定が保存されないとか
軽いだけでは済まなくなることが多いのです。今回も、ご多分に漏れずでした。

恐る恐る起動したところ、多くの設定が飛んでいました。
マイコンピュータのドライブ文字は消える、フォルダのレイアウトは初期状態・・
仕方なく、面倒に思いながら気分転換(?)に再設定を行っていきました。
このあたりは簡単に元に戻せましたが、ふといくつかおかしいことが。

<環境>
・Windows7 Ultimate Edition x64

<トラブル>
・フォルダ、スタートメニューやコントロールパネルなどの表示方法(初期状態化)
・デスクトップやマイドキュメントなど特殊フォルダの移動が無効化
・...etc.

<エラー状況>
・デスクトップフォルダやマイ ドキュメントフォルダのプロパティから「場所」タブが消えて移動できない
・Internet Explorer(以下、IE)のTemporary Internet Files(以下、TIF)が移動できない(ログオフ後、初期設定に戻る)
・イベントビューアに「Windowsがクラスレジストリファイルをロードできません。詳細 - 指定されたファイルが見つかりません。」ID 1542が頻発している
1542error.jpg


<今回の解決方法>
1.次のサイトに接続 http://support.microsoft.com/kb/886549
2.サイト下部の「Fix it(Microsoft Fix it 50356)」を実行する

たったこれだけのことだったのですが、ここにたどり着くまでにちょっと苦労しました。
とにかく似たようなトラブルで困っている方は、これで解決できる可能性が高いです。
また・・実は完璧には直っておらず、
IEのTIFフォルダは未だに”インターネットオプションから”は移動できません。

・・この先に解決に至るまでの経緯を書いておきます。
ついでに、TIFフォルダを移動させる手段も載せておきます。
ご興味ある方はご覧下さい。

続きを読む

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。