スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

「usbperf」および「PerfNet」 パフォーマンスモニタのエラーを解決

今年のゴールデンウィークも残すところあと数日となりましたね。
人によっては今日から通常通りというケースもあるでしょう。
私は延命措置により、今日もう一日だけお休みにしました。
あぁ・・いっそ永久に忘れていたかった数々の難題が再び立ち塞がるっ!
はい、明日がやって来ます。
この休み、とにかく飲んでましたから・・暫く飲みにくい思うと寂しいなぁ。

さて、ここ最近イベントビューアに新たなエラーが記録されるようになりました。
というか、前から特定の操作をすると出てきたエラーだったのですが、
深刻ではなかったので無視していました。
せっかくなので、休み明け第一弾に解決(回避)しておきました。

<環境>
・Windows7 Ultimate Edition x64

<トラブル>
・イベントビューアに記録されるエラー その1 usbperf ID 2001, 2002
・イベントビューアに記録されるエラー その2 PerfNet ID 2002, 2004

<エラー状況>
実害は特にありません(気づいていないだけかも)。
・パフォーマンスモニター起動時に上記エラーがイベントビューアに記録される
・希に、何も操作していない時にも限らずusbperfイベントが記録される
以下はイベントビューアに表示されたエラーメッセージ。

usbperf ID 2001 or 2002 (どちらも同じメッセージ)
「usbperf\Performance キーの "First Counter" 値を読み取れません。ステータス コードはデータで戻されました。」
usbperf_error.jpg

PerfNet ID 2002
「リダイレクター サービス パフォーマンス オブジェクトを開けません。データ セクションの最初の 4 バイト (DWORD) に、状態コードが含まれています。」
PerfNet_error_2002.jpg

PerfNet ID 2004
「サーバー サービス パフォーマンス オブジェクトを開けません。データ セクションの最初の 4 バイト (DWORD) に、状態コードが含まれています。」
PerfNet_error_2004.jpg


<今回の解決方法>
お約束ですが、レジストリをいじる作業は自己責任です。

○usbperfエラー
1.レジストリエディタを開く
2.「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\usbhub\Performance」キーを開く
3.右クリック→新規(N)→DWORD(32ビット)値→「Disable Performance Counters」を作成
4.値に「1」を入力してOKボタン
usbperf_reg.jpg

○PerfNetエラー
1.レジストリエディタを開く
2.「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PerfNet」キーを開く
3.右クリック→新規(N)→DWORD(32ビット)値→「Disable Performance Counters」を作成
4.値に「1」を入力してOKボタン
PerfNet_reg.jpg

これで、とりあえず表題のエラーは記録されなくなります∑d( ̄― ̄ )
以下は若干の足掻きと葛藤を文章にした備忘録ですので、
私と同じくエラーが記録されなければOKの人は敢えて読む必要はありません。

続きを読む

スポンサーサイト
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。