スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

Roland Virtual Sound Canvas 3 (VSC)をVista以降で使う (2)

以前にRolandのソフトウェア音源であるVirtual Sound Canvas 3(以下VSC)を
Windows Vista Business(x86) SP1 で使えるようにする記事を書きました。

Roland Virtual Sound Canvas 3 (VSC)をVistaで使う

多くの方から反響があり、今でもこの音源を現役で使っている方が
沢山いることを知ってとても嬉しく思っています。
(今でもMIDIを好きで聞いているなんて、マイナーな趣味かもと思っていたので^^;)
当ブログで紹介している方法はサポート対象外のOSでVSCを使えるようにするもので、
公式の動作保証対象はWindows XPまでとなっています。
また、VSCは64bit環境ではどうやっても使えません。
これはかなりいろいろ試しましたが、私の知る限りでは不可能です。
そのため、本記事は32bitOSを使用されており、
VSCの音色が忘れられない私と同じ悩みを持つ方のために書いています。

さて、本題に入ります。
一部の方から前回記事の通り行ってもうまくいかないという意見をいくつか頂きました・・
それらはWindows Vista Homepremium(x86)(以下WinVistaHx86)であったり
Windows 7 Homepremium(不明)であったり。
しかし、私の方でWinVistaHx86を準備して検証したところ
前回記事の通りインストールを行うことで特に問題は発生しませんでした。
ところが、Windows 7 Ultimate(x86)(以下Win7Ux86)では報告されている問題が起きました。

そこで、この記事ではとりあえずWin7Ux86でVSCを使えるようにする方法を紹介します。
(今更基本ですが、NTFSフォーマットを採用している2000以降のWindowsでは、
プログラムのインストールはアドミニストレータ権限でログインして行って下さいね。)

OS:Windows 7 Ultimate Edition (x86)

<トラブル>
上記OSで前回記事の通りインストールすると、成功したように見えるが実は失敗している。

<エラー状況>
・インストール後、VSCを起動しようとすると次のメッセージダイアログが表示され、起動しない。
「VSCのMIDIデバイス、もしくはVSCのオーディオ出力先として使用するオーディオ・デバイスが開けないため、曲の再生ができません。」
Error2.jpg

・タスクトレイにVSCヘルパーアイコンが表示されていない

・コントロールパネルで「VSC設定ウィンドウ」を開くと次のようになっており、
設定を変更しても反映されない
ctrl_vsc_settings.jpg

<今回の解決方法>
※インストール先を変更していない場合を想定

1.メモ帳を開く
2.下記スクリプトをコピーして貼り付け、["任意の名前".vbs]で保存する

Dim objShell
Set objShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

'※1
WScript.Sleep(10000)

'※2
objShell.Run """C:\Program Files\Roland\VSC32\Vsc32Cnf.exe"""

Set objShell = Nothing
WScript.Quit

3.スタートアップフォルダにスクリプトファイルもしくはそのショートカットを置く

これでコントロールパネルからVSCの設定変更、及びMIDIの再生が可能となります。
インストールで躓かなくても、上記エラーが出ている場合は
VSC設定ウィンドウが起動時に正常に読み込まれないために生じていると考えられます。
同じ状況ならば、その他OSでも同様の解決方法が適用できるはずです。

みんなで今後もVirtual Sound Canvasを使っていきましょう!

・・と言いたいのですが、
管理人は実は既に64bitOSに移行しているのでVSCは特殊環境でしか聞けません・・(ノ_<。 )

※1
スクリプトの実行待ち時間(ミリ秒指定)。
待ち時間を短くするには10000(10秒)から5000や3000に変更して下さい。

※2
インストール先を変更していて、
パスにスペースが入らない場合は「"""」を「"」に書き換えて下さい。

.
.
ここからは疑問点というか、問題の解決方法に至るまでを書いてます。

続きを読む

スポンサーサイト
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

熱中症の危険が高まる時期

最近、めっきり暑くなりましたね。一気になりすぎぃ・・

熱中症に気をつけましょう。連日何人かの方が倒れたとのニュースを聞きます。
この時期水分補給が大事と言われますが、喉が渇いたと感じてからの補給では遅すぎます。
喉が渇くというのは汗をかくことで水分減少、ミネラルバランスの偏りが生じ、
血液が濃くなってドロドロになりつつある・・という状態を脳が検知して神経にシグナルを送り、
それが水を飲みたいという衝動によって知らされているのです。
つまり、体感できる時点で体内環境はそれなりに良くない状態になっていると言うこと。
そして水分は主に消化管の後半にある大腸から吸収されるので、
口から飲んで即吸収されるわけでもなく・・このタイムラグが猛暑時は特に要注意なのです。

基本的に水分は汗をかく、喉が渇く状態になる前にしておくのがベスト。
できれば水道水よりアクエリアスといったミネラルバランスを考えられたものが良いですね。
単純に純水を飲むと水分量が一気に増加することで体液中のミネラルが薄まりすぎ、
それを是正するためにより水分を放出する方向へ生理現象が起こります。
この時、水のみを放出できるわけではないので、ミネラルがわずかに失われますが、
元々ミネラルを補充していないのでより状況は悪化する、という悪循環が起こります・・
水を沢山飲んだのに脱水症状になったとはこの状態を指していると思われます。
(そして悲しいことに、おそらく純水に近ければ近いほど、浸透圧の関係上
水分の吸収速度は速いと考えられ、それが急速な体調悪化を引き起こすのかも知れません。)


学生さんの部活動や社会人の外回りなどでは大量に汗をかくと思いますが、
ただの水は論外、たとえ調整水でもあまりのがぶ飲みは逆に危険ということを知って下さい。
(水分量とミネラル濃度は相互的なので、崩すとどのみち是正の為のエネルギーが必要となる)
難しいのですが、喉が渇いていなくても予防で先に水分を取る、ということを意識しましょう。
(あんまり早めに取りすぎると、汗をかく前に体が必要を感じなくて排出してしまいますが(笑))
そして、水分は逐一、こまめに取るようにすればバッチリです。
まぁ、普通に考えて面倒ですよねぇわかります。私もできてませんから(^^ゞ

ちなみに、ここで指しているミネラルとはナトリウムやカリウムを言っています。
具体的に書くとそれだけで記事一つ分になりますが、
とりあえず言えるのは、この二種のミネラルは相互に存在する必要があり、
どちらか片方が多すぎても少なすぎても駄目な物です。
それぞれに決まった濃度があり、その濃度の差をうまく利用して細胞は活動しているのです。
過度の減塩や野菜といえども食べ過ぎには注意しましょう。
たまに野菜はいくらでも食べて良いという発言をする人をTVで見ますが、まぁ無責任ですね。
先人は素晴らしい一言を残しています。「過ぎたるは及ばざるがごとし」と。

先週に近畿地方の梅雨が明けたようで、一気に真夏と化しているようです・・
昼間、夕方まで蝉が鳴いてますね・・この時期はいつの頃からか辛くなってしまいました。
肉体的には勿論、梅雨の湿気に次いで暑いのが苦手なのでヾ(;´▽`A``
しかし・・蝉の元気な声、太陽が最も咲き誇り、沢山の人の笑顔が見られるこの時期、
楽しかった夏休みの日々を思い出すといつも寂しくてやるせなくなるのは何故でしょう?
生きれば生きるほどこのような思いは増えていくものなのでしょうか・・

グダグダ言ってますが、暑くて汗かいてたまらんので、早く夏終わって下さいぃぃヽ(`△´)ノ
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。