スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

109日本語キーボードを片手用キーボード対応にする

ネットサーフィン(死語?)している際、基本利き手をマウスに、
逆の手は何となくキーボードに載せているか、膝のうえにでも置いているかしていますよね。
しかし、検索する際にはキーワードを打ち込む必要があり、
マウスに載せている手をいったんキーボードに移し、カタカタ打ち込んでまたマウスに戻す。
私は右手がほぼ利き手なのですが、何かを調べ始めると右手をマウスとキーボード間で
何度も往復させる必要があり、これが意外と面倒くさいと感じています。
そこで以前から出来たらいいなと思っていた片手打ちというものを覚えてみようと思いました!
まず片手打ち用キーボードという物があると思い探してみたところ、いくつかありますね。

○FrogPad
http://www.frogpad.com/

(こちらのサイトで詳しい使い方が説明されています)
http://www.geocities.jp/asukal_trader/Frogpad/FrogPAD.htm

○Matias Half Keyboard
http://www.halfkeyboard.com/products/hkbinfo.html

Frogpadは形状も特殊ですし、操作もこのボード専用となります。
極めれば速くなりそうですが、専用機が必要なので汎用性という面でやや不満があります。
Half Keyboardはまさにフルサイズキーボードを半分に折りたたんだようなもので、
通常は左半分のキー、スペース部分を押すことで右手部分のキーに切り替わる、というもの。
速さはわかりませんが、直感的にはこちらが理解しやすいですね。

確かに片手専用キーボードは存在します。
しかし、例えばWordやExcelを使うとき、このブログ記事を書くときなど、
別に片手用キーボードを使う必要がない場合が多々あります。
というか自分も含め普通そちらがメインな人も多いはず。
こういった場合は1)いちいちキーボードのつなぎ替えが必要なのか、
また2)フルサイズキーボードを繋いだまま運用し、シーンに合わせて使い分けるのか?
1)とてもじゃないけど面倒すぎます。
2)は悪くはないですがハーフサイズといえどキーボードを二つ置くわけで場所を取るのと
やはりホームポジションの位置にあるキーボードを物理的に移動させるという手間が生じます。
どれだけ面倒くさがり屋かと思われそうですが(^_^;)
毎日のこととなると必須でもなければ僅かな手間でも継続できないものなのですよ。

そうすると、必要なものは自ずと見えてきます。
フルサイズキーボードでありながら片手打ち用に切り替えができるもの!
そんなものあるのか・・と思っていたら、HalfKeyboardを出していたMatiasが出していました。

○Matias half-qwerty keyboard
http://half-qwerty.com/

これだっ!と思ったものの・・595US$ ?!あり得ない値段がついてます。
ネット上を探していると、どうも約100$程度のバージョン、508keyboardというものがある模様。

○ほんまたけるのココログ
Matias の half-qwerty keyboard の後継機種、508keyboard

しかし、国内では全く在庫が残っていないのか、これらの入手経路がありません。。
海外サイトでは見つかったのですが(USで主に595US$品)、個人輸入まではちょっと・・(汗)
ちなみに約100US$の508keyboardはカナダにあるネット通販サイトで見つけました(笑)

かなり意気消沈しましたが諦めず、ハードが駄目ならソフトで対応ということを考えました。
目指すは、使い慣れた愛用キーボードのMatias 508keyboard化。

これなら、使い慣れたキータッチを活かせますし、
特別なハードが要らないので運用次第では場所を選ぶ必要がありません。

続きを読む

スポンサーサイト
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。