スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

データのバックアップ(1) ~ツールと基礎知識編~

ハードディスククラッシュ・・それは大切に蓄積したデータを一瞬で失う瞬間です。
大容量化の流れから失うデータ量も大容量化の時代へ( ̄д ̄lll
過去の記事でも一例を書きましたが、
私はここ3年で2回のクラッシュと1回の未遂を経験しました。
バックアップ、してますか?(書いてて某CMの一コマを思い出しました(笑))

比較的分かり易いクラッシュの兆候としては以下のものがありますね。
ちなみに物理的な異音が聞こえてきたら、もはや末期状態っぽいです。

    ・使用中に突然システムが一時的にフリーズし、シーク音が続く(酷いと数十秒以上)
    ・ハードディスクがマイコンピュータから消えることがある
    ・(聞いたことはありませんが)カコンカコンという音がする

それ以外に、S.M.A.R.T.の値やサーフェイススキャンによる不良セクタの確認が重要です。
不良セクタは工場出荷時でも全くのゼロではないため、
あらかじめ用意された代替セクタで置き換えられているらしいです。
(それにしては、S.M.A.R.T.でReallocated Sector CountはRAWでも0なのですけどね?)
しかし、使用時に増えていく原因は実に沢山あるのです。。
なんと暫く使わないで保管しておいたハードディスクを久しぶりに使うと
読めないファイルが生じている・・なんてことも。

とりあえず今回のテーマはバックアップと言うことで、
さすがに懲りた私が使っているオススメのバックアップソフトを紹介します。
オススメですが、実はサポート終了ソフトで今後トラブルが起きる可能性もあります。
最終的に使うかどうかは自己判断でお願いします。
(関係ないですが、この作者様の作られたMP3タグ編集ツール SuperTagEditorも
非常に使い易く、愛用させていただいています。)

○ディスクミラーリングツール(DMT)(MERCURY's Software Lab.)
http://www5.wisnet.ne.jp/~mercury/

私が選んだり理由としては以下の通りです。

    ・ディスク全体、フォルダ毎と選択が可能
    ・バックアップ機能だけでなく、タイトル通りミラーリング機能が使える
    ・フォルダ階層中で除外ファイル・フォルダ(それぞれキーワード指定)を選択できる
    ・エラーが発生しても停止しない(席を離れての操作に最適)
    ・スケジュール機能による自動管理が可能

つまりは、ディスク全体バックアップでも一部フォルダと特定拡張子のファイル、
ページファイルの除外など、詳細なオプションを選択できるソフトでした。
バックアップといったものの、差分を考えると面倒なのでミラーリングがしたかったのです。
RAMディスク使用時にROBOCOPYを使用したデスクトップ復元で作ったバッチを応用すれば
同じ事ができますが、やはりGUIで確認しながら操作したかったという点が大きかったですね。
ヘルプを読む必要もないくらい体感的に使用できるので、初心者でも安心して使えますよ。


以下、更なる長文(滝汗)で不良セクタとハードディスクのアレコレについて
自分の経験や本、他人様のHPの内容から、書きたいままに記憶を辿って書いています。
.
.
.

続きを読む

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

アクセス解析の謎

前回もちょっと書いたのですが、やはりアクセス解析の値の違いが気になります。

アクセスカウンターは5月5日の値で
26のビジターがあり、41のページビューと記録されています。御訪問多謝。
ところが、アクセス解析では5月5日の値で
4のユニークアクセスがあり、4のページビューと記録されていました(・ω・  )?

確かに右カウンターのビジターとは30分以内の同一IPを除くアクセス、
解析のユニークアクセスとはその日の同一IPを除くアクセスと定義が異なります。
それでも、ページビューは同じか近しい値を取っても良いと思うのです。
いくらなんでも違いすぎて当てになるならない以前の話のような気がしてならない・・

--

知ってる人には当たり前のことでしょうけど、以下に私が不思議を感じた体験をば列記。

あるときカウンターを見てから数十分以内にビジターとページビューが2ずつ回っていたので、
解析ページをチェックしてみたのですが、誰も来ていない・・・まさに謎。

また先日、一時的に解析タグを外したまま戻すのを忘れていました。
カウンターと尋常じゃない違いにさすがにおかしいと
思いタグの有無を調べて張り直したのですが・・
あれ、待てよ?と。アクセスが1とか2だったけど、0じゃなかったぞ、と。
・・貼ってないのになんで動いてんの?!( Д) ゜ ゜ スポーン
まさかgoogleのキャッシュとかに残っているページで
おそらく残っていたであろう解析タグ(画像とか)からカウントされたんですかね?

教えて!gooより
googleキャッシュで閲覧してもカウントアップされるのはなぜ?

まあ、実にいろいろとすっきりしなくて気持ち悪いです・・・・・

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

ハードディスクの転送速度(2) ~ファイルシステム編~

ゴールデンウィークまっただ中ですね。
とある人にとっては14連休?ある人にとっては5連休?
普段の少ない休みからいきなりこれだけ沢山もらうとどうして良いやら悩んでしまうほどです。
私はちょうどその間の8連休です。今日は中間地点で小休止の一日。
昨日飲み過ぎでちょっと休肝・・と思ったら今日の晩もガッツリ飲んで、やや疲れました・・

さて、データは前から有りつつ、
書くのが大変で(笑)なかなか筆、いやキーボードを取らなかったネタを投下φ( ゜゜)ノ ^o ポィ
そう、休みエディションです。もはや読む人を意識していない超長文。さすがブログ。
.
.
.
新しいハードディスクを買ってきたり、
今まで使っていたシステムをクリーンインストールしたり。
この際何気なく通過していたフォーマット、実はオプションがあるんですよね。
formatoption.jpg

ファイルシステムはNTFSを選択するとして、
アロケーションユニットサイズ(Allocation Unit Size 以下AUS)は既定値という選択肢。
(AUSの説明は用語参照。ここではOSから見て読み書きの最小サイズという解釈でOK)
このAUS、選択肢として512,1024,2048,4096,8192byte,16KB,32KB,64KBから選択可能です。
小サイズ、大サイズのどちらが良いというわけではなく、共にメリットとデメリットがあります。

○小サイズのAUS
メリット)  ディスク容量を無駄を少なく効率的に利用することができます。
デメリット) 1つのファイルを読み書きする際に必要なAUSが増え、処理速度が低下します。
       また断片化を起こしやすいので注意が必要です。
その他)  一般的にMFT破損時のファイルサルベージでは小さいファイルに有利です。

○大サイズのAUS
メリット)  1つのファイルを読み書きする際に必要なAUSが少なく、処理速度が向上します。
       また小さいファイルなら1つのAUSで収まるので断片化は起こりにくくなります。
デメリット) ファイルサイズによってはディスク容量を無駄遣いします。
その他)  一般的にMFT破損時のファイルサルベージでは大きいファイルに有利です。

昨今の大容量ハードディスクでは
小さいサイズのAUSを選択する意義があまり無くなってきていると思います。
.
.
.
ところで、私のシステムでは、ハードディスクは基本的にRaid0で常用しています。
Raid0は書き込みの最小単位としてストライプサイズ(以下SS)を決める必要があります。
理論的にはデータをSSで分割し、複数台で同時に並列処理することで
書き込みは1/台数の時間で終了し、読み込みは×台数の速度が出ることになります。
(実際は1台の時には必要なかったI/O処理やデータ配置によるシークタイム差など
オーバーヘッドの原因となる点も多いため、数字通りの性能はまず出ません)
例えば2台のハードディスクでRaid0を構築している場合、
SSより大きなファイルは2台で複数のブロックに分散されて書き込まれます。
逆に小さなファイルは1ブロックで書き込め、分散されず1台のハードディスクに収まります。
読み込みの時はこの状態のデータを読み出すことになります。

つまり、大きなデータを読み込むときは分散されている方が速度が出ますし、
小さなデータでも複数個のデータの場合、別々のディスクに収まっていれば、
同時に読み出すことが可能となり速度が出ると思われます。
このことから、SSはデータサイズによって大きい方が良いときと小さい方が良いときと、
状況に応じて向き不向きがあるのでしょう。

ここまでの流れでふと思ったのですが、
例えばAUS64KBでSS32KBのとき、16KBのデータを書き込むとします。
ところがOSから見た読み書きの最小単位は64KBなので、
このサイズでの書き込みを指示します(48KBは無駄になります)。
するとデータは16KBしかないのに64KBのデータとして書き込みが行われ、
この時SSは32KBなので2台のハードディスクに分散されることになります。
必要なデータは1ブロックに収まるのに2ブロック読み出して正しいデータと扱われるなら、
これこそオーバーヘッドの原因になってしまいますね。
それでは最適なSSは何KBでしょうか?そしてその時のAUSは??

今回、このような疑問からSSとAUSの関係を検証してみることにしました。

続きを読む

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。