スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

クイック起動のアイコンの並び順を保存して復元

フリーソフトのクリーナーやたまに何もしなくても(?)
クイック起動ツールバーのアイコンがぐちゃぐちゃになることがあります。

そこで何とか解決策を探していたところ、
以前にどこかの記事がクイック起動ツールバーのアイコンの並び順を保存している
レジストリの場所を記載しているのを見つけたのですが・・今、ソースがわかりません。
確か復元にはセーフモードで起動してって書かれてた気がしますが・・
せっかくなので私流の簡単なやり方を載せておきます。
(今回の方法は並び順だけでなく、ツールバーの設定も保存できます)

レジストリをいじる場合は自分のしていることを理解してから行ってください。
システムトラブルの元になりますので・・。


<クイック起動のアイコン並び順を保存する>
1.ファイル名を指定して実行 で「regedit」と入力してレジストリエディタを起動
2.HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Streams\Desktopキーまで辿る
(TaskbarWinXP(REG_BINARY) この値が並び順です)
アイコン並び順

3.Desktopキーを右クリック→エクスポート→任意の場所に保存

これで現時点での並び順+ツールバーの設定を保存しました。
並び順の復元方法は次の通り。

<クイック起動のアイコン並び順を復元する>
1.全てのウインドウを閉じる
2.ファイル名を指定して実行 で「taskmgr」と入力してタスクマネージャを起動
3.explorer.exeを選択して終了させる
4.メニューのファイル→新しいタスクの実行
5.[参照ボタン]をクリック
6.フィルタをすべてのファイル(*.*)にして、保存したレジストリ登録エントリ(*.reg)を選択してOK
7.「情報を追加すると...続行しますか?」で「はい」を選択
8.再びタスクマネージャでファイル→新しいタスクの実行
9.「explorer」と入力してOK
10.並び順が復元されているか確認

以上で、煩わしい手動のD&Dでの修正から解放されます。
スポンサーサイト
拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

ここ数日の出来事。今日も平和です。

杉花粉も終わりつつそろそろ暖かくなってきました・・
抗アレルギー成分+抗ヒスタミン成分+抗炎症成分の
アルガード クリアブロックを使っても多い日には結構辛かったのですが
最近はグンとマシになりました。
でも、ヒノキ花粉の人は・・引き続きですね。

まだまだ地元の桜は3分咲きが良いところですが、
来週辺りは見頃になるのかな。
見上げれば気づきますが、自然に目にはいるようになるにはもう少し。

...

データを失う恐ろしさは身に染みつつもいまいち
バックアップメディアの容量不足に二の足を踏んでいましたが、
最近のハードディスクの容量と安売りに目をつけました。
そこで1TB品を買ってきて一週間かけて準備し、
ようやく週末となったのでさぁやるか、と思った「その日」にパソコンが起動しない・・
悪戦苦闘して復帰すれば何故かRaid構造が壊れていて
バックアップすべきデータを再び失ってしまいました。

相変わらず間の悪い。。新しい電源買ってこよう。

まぁユーザーデータはもう別ディスクに保存するようにしてますので
さほどショックではないのですが、貴重な休み丸一日を返して欲しい!

ま、それはそれでまた別の機会にベンチマークでもとろうかと思います。

...

続きを読む

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります

SSDとキャッシュの設定(1)

SSD(Solid State Disk)が最近ますます進化してきていますね。
私も2008年末に新規で自作した際に、流れに乗っかりました。

当時のMLCタイプはJMicronのJMF602コントローラが使われており、
プチフリーズ(プチフリ)現象が避けられませんでした。
そこでSLCでも安価なMtron MSD-SATA3525-016(16GB)を選んでいます。
MOBI3500.jpg


Mtron MSD-SATA3525-016

このSSD、キャッシュの設定で劇的にパフォーマンスが変わります。
私は3台でRaid0を組んでおり、使用容量が約半分の状態で
さらにシステムドライブという点から正確性は低いですが、
実用環境という意味での性能と考えています。

下記キャッシュの設定を組み合わせながらCrystalDiskMark2.2.0
ベンチマークを取ってみました。
ずっと前のものですが、せっかくなので載せておこうと思います。

○ハードディスクの設定
・ディスクの書き込みキャッシュを有効にする
・拡張処理能力を有効にする
・Intel Matrix Storage Console(以下IMSC)からのライトバックキャッシュ有効化
(GA-EX58-UD4 rev1.0のIntel X58+ICH10R使用)

Windows Vista SP1のシステムドライブ
MSD-SATA3525-016 48GB(相当)
ストライプサイズ 4KB※
使用状況 24.6GB/44.6GB
デフラグ まだ無

CrystalDiskMarkによるSSD3台Raid0のベンチマーク

そもそも組み合わせで相乗効果が生まれるような設定ではなかったのですが一応・・
ここまで分かり易いのかというか、シンプルな設定が最も速かったです。

※ストライプサイズはランダムリード重視で4KBにしていますので、
シーケンシャルアクセス重視なら今回の値+数十MBは出ます。

このSSDの情報ではないですが↓

PC Watch 第6回 バッファローのSSD「SHD-NSUM120G」追加レビュー
~本体の大きさとRAID 0構成を検証する

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1008/hirasawa006.htm

続きを読む

拍手する
↑ポチして頂けると、とても励みになります
Blog Search Form
Access Counter
since 2009/03/22
thank you for coming to my blog...
World Community Grid
参加中。ランク1万台を脱するのはいつの日か・・
カテゴリ
最新記事
・・新着順に5件表示中・・
コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。